usersite-基本的な操作(パソコン)

1-07.スライド動画を視聴する

更新日:

←このようなアイコンの講義は、スライド動画視聴型の講義です。スライド動画視聴型講義の詳細についてご説明します。

スライド動画視聴画面の各項目について

スライド動画視聴画面の各項目は以下の通りです。

スライド動画のスライド表示領域内をクリックすると表示されるメニューです。色が薄くなっているボタンの機能は利用することができませんので注意してください。また、上に表示されたアイコンすべてが表示されるわけではありません。中には利用できないので表示されていないアイコンもございます。予めご了承ください。各アイコンの機能は以下の通りです。

・しおりを保存
再生中にクリックすることでその地点を記録することができます。記憶した情報は画面を閉じても無くなりません。

・しおりから再生
保存したしおりから再生することができます

・最縮小
拡大させたスライドを一番小さな状態に戻します

・ズームアップ
スライドを拡大します。最大2段階の拡大が可能です。
スライド内をダブルクリックしても同様の効果を得ることができます

・ズームダウン
スライドを縮小します

・X1倍速
等倍速での再生が可能です。画面表示直後はこのアイコンが黄色くなっています。これは本スライド動画が等倍速で再生される設定になっていることを表しています。

・X1.5倍速
1.5倍速での再生が可能です。

・X2倍速
2倍速での再生が可能です。

スライド動画の再生ボタン、シークバー、音量調整、全画面表示などが可能です。
スライドの表示領域です。動画の再生とともに、チャプターに表示されたタイミングでスライドが自動的に切り替わります
動画の表示領域です。
スライド動画のチャプター(目次)です。クリックすると対象のチャプターに移動することができます。

 

視聴チェックについて

スライド動画視聴画面を開くと以下のような解説ボックスが表示されることがあります。
このようなボックスが表示されるスライド動画については、視聴チェック機能が設定されています。

視聴チェックが設定されているスライド動画は、スライド動画視聴中に3つの数字が画面上にランダムに表示されます。

この数字を控え、視聴後に表示される入力ボックスで正しい3つの数字を入力しないと視聴完了できないという機能です。

ランダムに表示される3つの数字を見落としたり誤って記憶して入力した場合、もう一度最初から再生する必要があるので注意が必要です。また、早送りを1度でも行うと、以降の数字は表示されません。このような講義では絶対に早送りをしないように注意が必要です。※しおり機能、巻き戻しは利用可能です。

 

-usersite-基本的な操作(パソコン)

Copyright© E-learning ASP V6 利用マニュアル , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.