lms-講座の登録・編集・削除

3-03.講座分類の設定

更新日:

3-03-1.講座分類とは

講座数が多くなると、受講者が講座をより検索しやすく分類分けをしたくなるかもしれません。
当システムでは、講座を分類分けし、受講者サイトのメニュー上で分類ごとに講座を表示することができます。これを「講座分類」といいます。
講座分類の受講者サイト上でのイメージは以下の通りです。

講座分類は、大分類と小分類に分かれます。講座大分類の中に、さらに細かく講座小分類を設定することができます。
上のイメージでいうと、「講座分類3」の下に「講座小分類3」「講座小分類3-2」という小分類が設定され、それぞれに1つ、2つの講座が含まれています。
講座分類は、小分類を絶対に設定する必要はありません。大分類のみの設定も可能です。小分類を指定するべきか否かは、講座の数などを勘案して判断してください。

3-03-2.講座大分類の設定

管理サイトログイン>サイトTOP(E-learning)>メニュー(講座関連)>講座分類設定

講座分類設定画面では、まず分類を設定するセクション(ここではRootセクション)を選択して「編集」ボタンをクリックします。
講座大分類が表示されるので、新規追加には「」アイコンをクリックします。新規の行が追加されるので、講座大分類名を入力して「」アイコンをクリックします。これで大分類の設定は完了です。

3-03-3.講座小分類の設定

管理サイトログイン>サイトTOP(E-learning)>メニュー(講座関連)>講座分類設定

小分類を設定するには、すでに設定した大分類を表から選択してください。
すると、大分類の表の下に小分類の表が表示されます。この表には、選択した大分類の下層に設定された小分類の一覧が表示されます。以降は大分類と同様に、新規追加には「」アイコンをクリックします。新規の行が追加されるので、講座小分類名を入力して「」アイコンをクリックします。これで小分類の設定は完了です。

 

3-03-4.講座の紐づけ

管理サイトログイン>サイトTOP(E-learning)>メニュー(講座関連)>講座分類設定

最後に設定した講座分類と講座を関連づける設定について説明します。講座は大分類にも小分類にも設定することができますが、設定方法は全く同じです。ここでは小分類に追加する方法について解説しますが、大分類についても同様に設定が可能です。参考にしてください。

まずは設定したい小分類を表示し、表右側にある「講座の追加」行の「追加」ボタンをクリックします。

上のイメージでは、講座小分類3に講座を追加しようとしています。

すると、講座の一覧が表示されるので、当該分類に紐づけたい講座をすべてチェックし、「設定」ボタンをクリックします。
表に戻ると、設定講座数が増えているのが分かります。また、小分類左の+のアイコンをクリックすると、当該小分類に紐づけている講座が一覧で表示されます。

これで講座分類と講座の関連付けは完了です。

3-03-4.講座の紐づけの削除

管理サイトログイン>サイトTOP(E-learning)>メニュー(講座関連)>講座分類設定

次に講座との紐づけを解除する方法について説明します。解除したい分類を選択し、左の+アイコンをクリックして紐づけられている講座をすべて表示してください。

紐づけを解除したい講座の「削除」ボタンをクリックすることで紐づけの解除が可能です。(講座自体は削除されないのでご安心ください)

3-03-5.講座分類の一括CSV登録

管理サイトログイン>サイトTOP(E-learning)>メニュー(講座関連)>講座分類設定

講座分類及び講座分類と講座の紐づけを一括して行うことができます。
画面右上の「講座分類一括取込」にて、CSVファイルを選択して登録します。

CSVのフォーマットは以下の通りです。

No 項目名 必須項目 桁数 区分値 解説
1 セクションID 必須 4   講座分類が所属するセクションのセクションID
2 講座分類ID 必須 4   講座分類のID(0001〜9999)
存在しない場合は新規登録、する場合は更新
3 講座分類名 必須 60   講座分類の名称
4 講座小分類ID 4   講座小分類のID(0001〜9999)
存在しない場合は新規登録、する場合は更新
5 講座小分類名 条件付必須 60 講座小分類の名称
講座小分類IDを指定している場合は必須 
6 講座ID ※   3   講座を一意に判別するID(C0000001~C9999999)
講座を講座大分類か小分類に紐づけたい場合は指定する

※講座IDをCSVに設定すると対象の講座分類に紐づけることができますが、別の紐づけをすでに行っていた場合、いったん紐づけはすべて解除されて再登録されます。
例えば、C0000001が分類0001にすでに紐づいている場合、C0000001を分類0002に紐づける設定をCSVで設定すると、C0000001が最初に設定されていた分類0001との関連付けは削除されます。

-lms-講座の登録・編集・削除

Copyright© E-learning ASP V5 利用マニュアル , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.