lms-お知らせ通知/メール関連

14-01.Infomationの基本

更新日:

14-01-1.Infomationとは

システムの利用者に対して何か通知したいことがある場合に利用するのがInfomation機能です。
Infomationには「お知らせ」と「予定」の2つの種類があります。

お知らせは、受講者に伝えたいことを配信するために利用します。
上記のように、お知らせは受講者画面右上に常にメールのアイコンで表示されます。未読のお知らせがある場合、赤い丸がアイコンで表示されます。
お知らせは常に右上に表示され、どの画面からでもアクセスすることができます。
また、お知らせには「重要性」を設定することができ、「重要性」を設定したお知らせについては、そのお知らせが未読の場合強制的に画面上にお知らせを
表示させることができます。

予定は、受講者に対して「何月何日の何時からこういったことがある」といったものを通知するために使います。
例えばある資格の講座であればその受験日であったり、システムメンテナンスのお知らせがある場合、そのメンテナンス日と時間を設定します。
予定は受講者サイトログイン直後のトップ画面に表示されます。

14-01-2.Infomationの通知先

Infomation(お知らせ/予定)の通知先は当然受講者ですが、その通知先をさらに細かく限定することができます。
Infomationの配信先として、以下の4つのパターンを設定することができます。

1.全体(セクション別)通知

全員に配信したい場合にはセクション別の配信を選択します。
セクション単位で限定することもできますし、「特定のセクション(複数指定可)」に所属するすべての受講者に配信することも可能です。

2.カリキュラム別通知

特定のカリキュラム(あるいはカリキュラムを受講している人すべて)に対しての配信を行うことができます。
カリキュラム別配信を設定した場合、受講者TOP画面だけでなく、カリキュラムの受講画面からもそのカリキュラムに限定された
お知らせや予定を閲覧することができます。

3.講座別通知

特定の講座(あるいは講座を受講している人すべて)に対しての配信を行うことができます。
講座別配信を設定した場合、受講者TOP画面だけでなく、講座の受講画面からもその講座に限定された
お知らせや予定を閲覧することができます。

4.受講者別通知

特定の受講者にのみあてたInfomationを通知することも可能です。

-lms-お知らせ通知/メール関連

Copyright© E-learning ASP V6 利用マニュアル , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.